« December 2005 | Main | February 2006 »

01/31/2006

空いているからといって

129exp

29日にまた信州野麦峠スキー場に行ってきました。
先週より空いているかな?という印象はあったものの
最近はそう混雑するような事もないような、なのですが。
ただ、いくら空いているからといって
無謀に飛ばすのはヤメましょう。
リフト上から衝突シーンを目撃。
斜面上から突っ込んだ人は明らかに暴走でしょう。
なんせ突っ込まれた側はさほどスピード出てなかったから。
危険を感じたら先ず減速ですね。
速度が高ければそれだけ衝突時の衝撃が大きくなりますし
滑走ライン変更で回避すればいいと考えても
ライン変更でライン変えた先に人が滑ってこないとはいいきれないですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/27/2006

便利なモノ

釣り具屋で購入したピンオンリールという代物。
バネ仕掛けで自動巻取り式になっている小型のリールです。
糸先に取り付けた某かを引っ張れば糸がリールからくり出され
某かの利用が済み某かを放せば糸が自動的に巻き取られさっと納まります。
このリールを適当な所に固定して利用します。
固定する方法は安全ピンやクリップやスナップなどいろいろあるので固定する場所に適した物を選べば良いですね。
私はこれに自動車のキー、無線機のスピーカーマイクを付けて使っています。
kyereel


reelmic


恥ずかしながら滑りに行って車のキーを落とした事がありまして。あの時は焦りましたよ。
ピンオンリールを使えば落としにくくドアのロックに使える状態にしやすく納まりもいいので重宝してます。
また、複数のメンバー間でゲレンデに出てる場合などはトランシーバーが便利なのですが
その場合スピーカーマイクを使うと実用的です。
それにピンオンリールを使えば耳に近い場所にスピーカーマイクを配置できるので待ち受け時に聞きやすく
送信時には口元にマイクを持っていけるので具合いいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/24/2006

1月22日野麦峠

06-01-22_12-19

快晴でした。でも、とても寒かったです。
午前10時過ぎにスカイラビット乗り場の寒暖計を見たら-9℃でした。ってことは朝はもっと寒かったってことでしょうね。
パキーンと晴れた青空、きりっと冷えた空気、
しっかり引き締まったハードバーンでカーヴィング。
でも寒くて汗など殆ど出ず。
滑った後はもっくの湯で体を温めてあぁ極楽極楽。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

晴れの日

青空ってなんであんなに気分がよくなるのか不思議です。
9日のさかえ倶楽部は前日と打って変わって晴れ。
晴れの日はやっぱり気分いいです。雪も豊富で最高でした。
ただ、随分降雪が続き圧雪作業が追いついていない日が続いてたからなのか
Hコースにはピステンの段差がありました。
前日までの事を考えれば致し方ないことではありましょうけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/21/2006

有料だけど

外遊びには天候の情報は重要ですよね。
この8日9日も北信方面に行ったのですが8日は結構な雪。
滑りだしたら酔うのでは?と不安にかられ暫し様子見。
様子見ながらウエザーニュース社の携帯用サイトをチェック。
そこの天気Plusという¥105/月のサービスを購入していまして。
そのサービスの中でスキースノーボードウエザーというのがあり
ゲレンデのピンポイント天気予報を見ることができます。
これで判るのは1時間単位での天気、気温、降雪量、風向、風速です。
パソコンで見るウエザーニュースのサイト(無料)でも似たようなのは見る事ができますが
こちらでは3時間単位なのと予報が出てる期間の長さ短いです。
さしずめ8日の情報では丸一日雪で概ね2cm毎時の降雪ではあるものの
10時のみ1cm となっていたのでそれの時間に合わせ滑り出しをしました。
きっちり予報が当たった訳ではないものの
お昼前にはちゃんと小降りになった時間帯がありました。
この情報のお陰で少しでも視界のいい時間帯に滑ることができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/17/2006

豪雪

雪がないのも困りものですが雪があっても視界がない状態では楽しめない事を痛感しました。
3日4日と正月休み期間でも空いていそうなさかえ倶楽部スキー場へ。
しかし、かなり凄い状況でした。
3日は降雪と霧で視界が利かず滑り出し1本目で新雪の深みにはまり汗をかくはめに。
すると当然眼鏡もゴーグルも曇ってしまいさらに視界を奪い難儀しました。
雪降るゲレンデに留まっていても仕方がないので下へ降りるしかなく。
そうこうしてるとあっと言う間に激しい雪酔いでふらふらになってしまいました。
とにかくレストハウスまで戻ったもののこれまさに這々の体。
小一時間休んでどうにか復旧しました。
あとは天候が芳しくなくビール風飲料と野沢菜でまったりと。
06-01-03_10-12


06-01-03_14-03

たった6時間でこれだけの積雪ですよ。

14時まで待ったものの天候回復せずだったので諦めてトマトの国温泉へ。
そう広くはないものの300円とリーズナブル。
やや熱めの湯ですがやっぱり温泉は極楽極楽。
しかし湯槽に浸かっていたらふらふらの雪酔い感が蘇って来たのは驚きでしたが。
ちなみに国道117号も視界が悪く雪酔いが来そうな感じで辛い状況でした。

翌日の4日も雪てしたが前日よりはまだましだったので
午前券で損しない程度に滑って終了。
この二日間、良い経験になりましたよ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

01/15/2006

1月2日滑り初め

滑り初めは松本市の信州野麦峠スキー場。
出発は元日の夜。元日の夜はガソリンスタンドも休んでいるとこが多いのでヒヤヒヤでした。
国道19号の野尻のスタンドはやっていたので大助かり。
国道19号藪原から県道に入る境峠越え。
木曽方面は積雪少ないとはいえ峠に向かう県道は圧雪路。
その峠近辺で5、6台の車が止まっていた。
脱輪している車のを救助しているようだけどうまく行かない模様。
ずいぶんと大勢の人がいるようだけどそのまま行き過ぎるのも何なので牽引することに。
脱輪車はパジェロのロング。重い車は難儀だわな。
今シーズン2度目の牽引ロープの出番。無事引き上げに成功。めでたしめでたし。
しかし、これまで一度も使ったことがなかったのに今シーズンは不思議です。
出番が無いほうがいいのですがね>牽引ロープ

朝の冷え込みは厳しくなく天候は雪。
駐車場ではやや融けやすい感じの雪だったので上部ゲレンデばかり滑ってました。
それでも野麦峠にしてはやや緩めの雪でした。
ローカルでお見かけする方ともお話もできめでたしめでたし。

お昼はレストハウス樹海でラーメンとライス。
サービスでライスにチャーシューの煮汁をかけてくれました。
なかなかいい味でございました。

リフト待ちとかはほとんどないので午前中で結構脚にきてまして14時で終了。
その後モックの湯で一風呂浴びて極楽極楽。
あ、今回小銭の持ち合わせが無く現金を脱衣場に持って行くのも不用心なので
コインロッカーに貴重品を入れたけど100円もかかってしまい失敗した。
今度は小銭を用意しておこう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

01/07/2006

すでに7日だ、弁解だ。

新年明けてしまっておりますがおめでとうございます。
2、3、4日と滑りにでてました。
5、6、7日と仕事して今日から2日間また山に行きます。
四十路だからとは思いたくはないものの疲れは取れ難くなってきているような。
とブログの更新をさぼってる弁解を(汗)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »