« 06'鈴鹿8耐観戦記その1 | Main | 06'鈴鹿8耐観戦記その3 »

08/23/2006

06'鈴鹿8耐観戦記その2

今回もピットウオーク編の続き。
前回の写真は電池トラブルを受けコンパクトカメラでの撮影したもので構成。
でも露出計が働かないくらいで撮影はあきらめてはいけませんですね。
耐久レースだと何かトラブルがあってもそれを乗り越えてゴールを目指すのが常、
それと同じです(違うかな?)。

ちょうどサインエリア側で明らかにマニュアル露出のカメラを手に
フィルムチェンジをしている人がいたので露出はどれくらいか尋ねて参考にしました。
あくまでも参考にしかならないのですがね。

1eyamaha
目線はもらってませんが気に入っている一枚。
見ての通りヤマハレーシングレディさんですが
残念ながらお名前は存じ上げておりません。


17kurebaw1
やっぱりパラソルの陰が厳しいですね。今後も精進が必要です。
クレバーウルフRTのお姉さん方。
左から小林さおりさん、高杉美和子さん、桑原明日香さん、だと思われます。
ちなみに300km耐久の時も同じように二人からしか目線もらえなかった記憶がありますぞ。

ピットウォークの話は今回で終了。
次回はレース開始までの時間帯を振り返ってみようかと。

|

« 06'鈴鹿8耐観戦記その1 | Main | 06'鈴鹿8耐観戦記その3 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 06'鈴鹿8耐観戦記その2:

« 06'鈴鹿8耐観戦記その1 | Main | 06'鈴鹿8耐観戦記その3 »