« 劔岳 点の記 | Main | 秋の気配 »

08/10/2009

09年天候不順の鈴鹿8耐

いやはや早いもので今年の8耐から既に2週間。
毎年この時季は何かと忙しくブログの更新もままなりません。
ともかく少しだけでも感想をば。

いろいろ波乱の多い目まぐるしい展開のレース、面白かったです。
天気は良くなかったのでテレビ観戦の方が良い、って考え方もありましょうが
雨がどんな降り方なのかまでは実感できないでしょ。
サーキットで雨に打たれながら言うまでもなく実感が出来ますよ。
もちろん予報では午後は雨が予想されていた決勝日でしたので
カッパやビニール袋などの雨対策をしてましたが。

前哨戦の鈴鹿300kmの感想を書いてないのでかいつまんで書くと
TSR、HARC-PRO.、ヨシムラで表彰台争いだろうなぁ、
ヤマハ系エントラントは寂しい限りだけど
3強の下は結構混戦でここに注目して観ると8耐は面白そうだな、と。

結果だけ言えば3強のうちトラブルなく走れたヨシムラが勝った訳ですが
序盤の転倒で大きく遅れてしまったもののFCC-TSRの早さは尋常じゃなかったし
TRICK STARの三十数秒差までの追い上げもひょっとすると、と思わせてくれたし
これでもしTEAM GREENが出ていたらもっと面白い展開に、、、たらればは言いっこ無しですね。
国内のヤマハ系エントラントは寂しかったもののYAMAHA AUSTRIA RTが
世界耐久シリーズ戦のポイントリーダーの力を見せてくれたと思うし
3位から10位までの争いも終盤まで変動があって目が離せなくて面白かったです。
転倒で動かなくなったマシンを押し歩いてピットに戻してチェッカーを受ける
耐久戦ならではの戦いも拍手ものでした。

経済状況が厳しい故、出展ブースの減少や入場者数の大幅ダウンは寂しいですが
レースとしての魅力はなんら変わらないものがあります。
だからと云って昔のような入場者数には戻りはしないでしょうけどね。
ともあれ私は来年も都合が付く限り現地で観たいと思う次第です。

|

« 劔岳 点の記 | Main | 秋の気配 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 09年天候不順の鈴鹿8耐:

« 劔岳 点の記 | Main | 秋の気配 »