« April 2010 | Main | June 2010 »

05/23/2010

避けられない辛いこと

いやまぁ基本的には楽しんでいることを書くブログなので
ゴールデンウィークに滑りに行った話しを書こうとは思っているのですが。
でも時には辛い事にも目を向けるのもアリですな、明るい明日の為に。

この21日に小5小6とクラスメートだったN君が亡くなりました。
死因はまだ正式には聞いていないのですが事故ではなく病らしいです。
彼は20年以上腎臓を患っていたのは知っていました。
病は避けられない苦しみ。治る病もあるけど治らない病もあるのは事実。
その苦しみと20年以上も向き合ってきたN君は強い、と思います。

20代の頃には徹マンしたよなぁ。
でも徹マンは私自身しんどくなってきたり
面子が揃わなくなってきたりでいつの間にかご無沙汰に。
でも一昨年に入ったスポーツクラブでばったりと出くわして
老けたよなぁ、と思ったけどそれはお互い様だろう。

最後に遭ったのは半年位前だったかなぁ、
その時も最近まで入院してたんだと話してた。
長きに渡る闘病生活の辛さは私には計り知れません。
ご家族もいろいろ苦労はあったと思いますが
ご家族の支えがあってこそだったんだろうと思います。
それこそ家族の成せること。

今はご家族の心痛を察しお悔やみ申し上げるとともに
N君の冥福を祈ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/18/2010

5月3日初めてのBC体験、白馬乗鞍

暑かったですねー、今年のゴールデンウィークは。

ゴールデンウィークは先のコブキャンプのおさらいを中心にと思っていたのですが
参加しているメーリングリストのメンバーが3日に栂池のロープウェイから上に昇るとかで
スノーシューが余分にあるので一緒にどう?というお誘いを頂きまして。
おかげさまでスノーシュー歩行とバックカントリーでのスノーボードができました。

写真は今回借りたスノーシュー
Rimg0054

正直これまで、バックカントリーで滑る事など考えてなかったので
不安一杯でしたが栂池の天狗原から下はヘリスキーのツアーコースということで
比較的に安全度の高い所とも言えましたし実際びっくりするようなところでは無かったですが
白馬乗鞍山頂近くのフィルムクラストしてる雪面とかは普段見ることはありませんし
山頂では風が強かったりと、まさしく自然の中に身を置いているんだなと実感した次第です。

今回の一番の不安はスノーボードのハードブーツでスノーシュー登行は可能か?
ということでありましたがまずまず可能だと思えました。
ということでスノーシューの購入したいランキングが上がりました。

といっても歩いて昇るならやっぱ春になってゲレンデがクローズになってから
天気が安定してるときだけだろうな、と思っています。

写真は栂池のロープウェイを降りたあたり。
Rimg0045

ロープウェイ降り場から尾根沿いを昇る途中で一休み。
Rimg0047


天狗原より白馬乗鞍山頂を望む。
Rimg0049


で、天狗原の祠ですね、たぶん。
Rimg0053


今度は上から天狗原を写してみる。
Rimg0058


白馬乗鞍から小蓮華山を望む。
Rimg0063


ツアーコースの途中。
Rimg0065


ふうー、疲れましたよ。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

05/08/2010

コブキャンプ白馬五竜参加記

日が随分経ちましたが4月25日のコブキャンプのお話。

コブをスノーボードで滑ってみたいけどなかなか上手く滑れない
という方に超お薦めのキャンプです。
もちろんこのキャンプに参加さえすれば
たちまちどんなコブでも思うがままに滑れるようになる、とまでは言いませんが
そうか!こうすれば滑れるんだ!と膝を打つこと間違いなしです。

コーチは稲川光伸プロと近藤孝晴プロ。
集合は9時45分にベースのゴンドラ乗り場前。
一瞬下りのゴンドラ乗り場前が集合場所だったらどうしよう、と焦ってしまい
エスカルプラザの中のショップのお嬢さんに
「ゴンドラ乗り場ってすぐそこの事ですよねぇ?」と聞いてみたら
「ええ、そうですね」とのこと。
普通そうだよなぁと思いつつ集合時間の少し前に行ったらもう何人かいて一安心。
挨拶やら自己紹介やら説明やら打ち合わせ的なことをしてゴンドラ乗車。

Dcf_0030

午前中は整地での練習。整地で出来ないことはコブの中では出来ないのが普通。
サイドスリップを抱え込み切換えで連続させて行う、と云う感じのが今日の目標で
ポイントを押さえるためしっかりと整地での練習。
コブ滑走のハウツービデオ「COBnavi」の最初のほうとほぼ同じ内容ですが
見て理解できても出来る出来ないはまた別。
出来てるつもりでも全然出来てなかったりするものです。
この点はきちんと指導できる人に見て頂いて教えてもらうのが一番ですね。

Dcf_0029

午後には実際にコブを使っての練習。
グループを二つに分けリフト終了直前までレッスンに励みました。
本来、月山でのコブキャンプは2日間の日程で行われているのですが
今回の1dayキャンプでは月山キャンプの1日目だけになってしまい
コブでの実践トレーニングができないのが残念だと近藤プロが語っておられました。
一人で滑ってるとやっぱり闇雲に滑ってるだけになりがち、と私も思います。
また稲川プロは整地での練習は重要で今日上手くできたからと云って
日を置いてやってみると案外できないようになってしまうので
反復練習が重要、と下りゴンドラの中でお話されてました。

と云う訳で4日5日を白馬五竜47でコブ三昧の滑走をしてきましたが
暇があったらまた書きます。
というか明日9日も白馬五竜へ行きます。
さぁ、仮眠だ仮眠。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »