« 体菜(杓子菜)に捕虫シート設置 | Main | 雪白体菜(杓子菜)収穫 »

05/13/2012

MacBookProにwindows7入れてみた

あまり頻繁には使わないのですがたまにwindowsが必要な時もあるし
ちょっとJRA-VANを使ってみたかったので
BootCampを利用してMacBookProにwindows7を入れてみました。
で、少々トラブったので書いときます。

BootCampを起動するとドライバ類をダウンロードダウンロードしてUSBメモリかCDに保存するのですが
最初はUSBメモリに保存する方法でやってみました。

使用したのはUSBメモリはTranscend TS32GJF600という32Gのもの。
こいつをwindowsで使う形式でフォーマットして使いました。

私のMacBookProは現行の2.4GHzの13インチモデルMD313J/Aにメモリは8GBで
ハードドライブはIntelSSDSA2CW160G310という160GBのものに換えてあります。

ドライブの容量は大きくないので最小限にしようと思いwindous用のパーテーションは21GBにしたのですが
BootCampの指示に従いwinndwsのインストーラが立ち上がって
入れるべくパーテーションを選んでインストール、となった段階でこのパーテーションにはインストールできません、と表示。
あちこち弄って入れようとしているパーテーションをフォーマットしてみたら無事インストールできました。
で、windowsで起動してみたらネットに繋がらない。
ていうか無線LANが繋がらない。(有線は試してないですが。)
一度optionキーを押しながら再起動してライオンで起動し直したらちゃんと無線LANは繋がっているし
また起動OSの選択画面を出しての再起動をした際、そこで無線LANの接続をする確認があるのでそこでは接続できているのに
windowsで起動した状態ではドライバが無いとかでやはり繋がらない。
なのでUSBメモリに入ってるはずのドライバを読み込ませようとしてもコピーできませんでした。

ひょっとしてパーテーションのサイズが小さすぎるのか?と思ったので
一度削除してパーテーションも1つに戻し今度は25GBのパーテーションでやってみてもやっぱり同じ’結果でした。

どうもUSBメモリがwindows用にフォーマットでしてあるのにドライバが読み込めないようなので
こんどはドライバをCDに焼いて実行。でもやっぱり結果は同じでした。
でも今度はwindows7で起動した状態でCDは読めたので
CDからドライバ類をコピーし無事使用できるようになりました。
めでたしめでたし。

しかしなんでUSBメモリでは駄目だったのか?謎ですね。

|

« 体菜(杓子菜)に捕虫シート設置 | Main | 雪白体菜(杓子菜)収穫 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference MacBookProにwindows7入れてみた:

« 体菜(杓子菜)に捕虫シート設置 | Main | 雪白体菜(杓子菜)収穫 »