« 2012-13年冬の小蕪の経過 | Main | 2013年枝豆栽培のまとめ »

06/28/2013

2013年春ソラマメ栽培の経過まとめ

以前の記事で10月21日、25日、29日、11月2日に播種したことは書いてありますが
追加して11月13日にも追加播種しました。
あまりにも苗の状態が病気だらけなのでポット蒔きにして暖かい室内で芽吹かせました。

ソラマメは寒さに当てなければ花芽分化が起きないので冬越しの栽培になるのですが
あまりにも寒いのもどうかと思い不織布のベタ掛けで霜が直接当たらないようにもしました。
118soramamefusyokufu


花は蒔いた順に咲くのではなく成長が順調なものから咲いて来て
10/21蒔きは3/24、10/25蒔きは3/16、10/29蒔きは記録漏れにて不明、11/2蒔きは3/28、11/13蒔きは3/28に開花が始まりました。
316soramamekaika


ソラマメは自家受粉するので虫の力は借りなくとも良いとは聞いていましたが
受粉はし辛いらしく花を下からつまんでやると強制的に受粉させるほうがいいとか。
最初ころ随分花が長く咲いてるんだな、と思ったのは受粉してないから花が長持ちしたのかも知れません。

収穫を始めたのは10/21と10/25蒔き分は5/4、10/29と11/13蒔きは5/20、11/2蒔きが5/9で
適宜収穫をしつつ一部を種取り用に残して収穫を終了しました。
428soramamesaya


予備知識でアブラムシが相当くるというのは知ってましたが想像以上でした。
1mm目あいの防虫ネットを掛けていても全ての株にアブラムシは付きました。
54soramameaburamusi

414soramamenet

防虫ネットもある程度防いではいるのですが完璧ではないですね。
アブラムシが付いてしまっては良くないのは判っているのでマラソン乳剤を使って駆除しましたが
これも完璧ではなく全滅には至らず増殖のスピードが遅くなる程度でした。
マラソン乳剤を使うと1週間は収穫できないので豆が出来過ぎになってしまうので
収穫3日前まで使えるスミチオン乳剤の方が良さそうです。
根から吸わせて使うアドマイヤー1粒剤などは播種時や植付け時のに使う設定なので収穫時期には使えない模様。
いくらなんでも半年以上も薬が効く訳も無いでしょうからアブラムシ対策は頭が痛いです。
同時に育ててた杓子菜にもアブラムシが付いてしまいソラマメはアブラムシを誘因する効果が抜群のようです。
アブラムシに付かれてしまうと莢がウイルス感染して黒くなって落ちてしまうのですよね。
せっかく出来た莢がどんどん黒くなり落ちて行くのをみるのは残念でなりませんでした。

428soramamehana

花は最初の開花から長い期間咲いていました。
実際、花は収穫を諦めた頃にも花芽はできていて種採り用に残したものに適用外農薬のオルトラン粒剤を施したところ
アブラムシは居なくなり葉の勢いも戻りまた花を咲かせていました。
暑さには弱いそうなので暑くなると厳しいのでしょうがアブラムシ対策がうまく行けばもっと収穫できるのでは?と思います。
ちなみに根にもアブラムシが付いていました、驚きです。
下の写真の小さな緑色のが根についたアブラムシです。
525soramameaburamusi

でも、あの柔らかくて甘ーいソラマメを味わったら忘れられません。
栽培期間も長くアブラムシ対策に苦労をしても市販品ではあまり見かけない極若採りしたソラマメは格別です。
今度は種蒔きをもう少し10月の上旬くらいにして早く芽吹かせようと思っています。
寒いと発芽が遅くなり種が腐ってくるので良い苗が出来ないように思います。
あとはアブラムシ対策をしっかり考えねばなりませんなぁ。

|

« 2012-13年冬の小蕪の経過 | Main | 2013年枝豆栽培のまとめ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53913/57679621

Listed below are links to weblogs that reference 2013年春ソラマメ栽培の経過まとめ:

« 2012-13年冬の小蕪の経過 | Main | 2013年枝豆栽培のまとめ »