« 2013-14年スノーシーズン振返り | Main | 2013-14年小菜のプランター栽培のまとめNo.1 »

05/03/2014

当ブログで書く内容について

いやまぁ大上段に構えて書くようなことではないのですが。
なんというか現状追認的な事であります。

このブログを書き始めたころはまだtwittreやFacebookもmixiもやっておらず
当時ブログというのはホームページの作成等に比べて簡単に記事が公開できるので
お手軽な情報公開手段としての機能が重宝がられたもだったと記憶しています。
日本に於いては公開日記みたいな捉え方も多かったですからね、ブログって。

翻って今日ではスマートフォンとSNSの組み合わせによるより簡単な情報公開手段がもたらされ
ブログを書くということ自体がとても面倒臭いと思える程になっています。
故に日常の些細な事はSNSに流した方が手っ取り早くなり自然とブログを書く事が少なくなっています。

ではブログを書く事は無意味なのか?というとそうではないと思っています。
twittreであれFacebookであれタイムラインという時の流れで流れて行くしかないものだと
過去記事で参照したいことがあっても古ければ古い程探すのが困難であります。
ブログも似たりよったりではありますが少なくともカテゴリー分けしてあると探すのが楽になります。

また、Facebookは実名主義ですので限定的な公開にしかなりませんし
公開であるtwitterには140字という制限があります。
私はmixiの日記は書いておらずブログの転載になってたと思います、たぶん。

なのでまとめて書いた方が分かり易いことなどはブログのほうが向いていると思っています。
例えば菜園の記事を時系列で区切れば土の準備、播種、発芽、間引き、追肥、整枝、開花、収穫、等等を
バラバラに記事にしても後から読むと読み辛いだけだったりします。

確かに私個人の持つ情報がそんな大それたものではないのですが
ネットを検索して得られた情報が役にたったことは数知れずです。
そう思うと限定的な公開では情報を公開したとて大した意味はない事になります。’

ということで当ブログのサブタイトルも修正しました。
今後もゆっくり考えたりまとめて整理して書き残したい事を書いていきたいと考えております。
さしずめ13−14年の小菜作り、志摩ロードパーティの話しでも書こうかと思う今日この頃です。

|

« 2013-14年スノーシーズン振返り | Main | 2013-14年小菜のプランター栽培のまとめNo.1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53913/59577914

Listed below are links to weblogs that reference 当ブログで書く内容について:

« 2013-14年スノーシーズン振返り | Main | 2013-14年小菜のプランター栽培のまとめNo.1 »