10/16/2014

2013-14年ソラマメのプランター栽培まとめ その2

ソラマメ栽培の続きです。
年末に摘芯をしてからは寒冷紗をかけて防寒するくらいしかやる事はありません。
ただ、今年は雪に降られベタ掛けしていた寒冷紗に積もり枝が折れたので寒冷紗の掛け方を工夫しないといけませんね。
221oreta

33kaika

2月22日に花芽が見えて来てたのでリンカリを追肥。
3月3日に開花が始まりました。花が咲いたら指で上下からつまんで受粉を促進しました。
株により生育のばらつきがあるので全株が開花するまで15日の開きがありました。
3月24日にもリンカリを追肥して春になってから伸びて来る脇芽を欠きました。
暖かくなってきたのでサブリナフロアブルを散布してヨトウムシ対策も。

416aburamusi

4月2日に草丈が大きくなってきたものを摘芯して枝の成長を止め実の充実を図ると共にアブラムシ対策をしました。
アブラムシは新芽が好きで新芽の中に入り込んで増殖するんですよね。
アブラムシ用の薬は毒性のないアーリーセーフなので新芽の中までは入りきらないでの効きませんし
手で潰すにも新芽の中に居たら潰せないですから。だからこの頃になると新芽はどんどん摘んでしまいます。

43tekirai

花芽も多すぎると実が充実しなくなるので適当に摘蕾します。
花は咲いても全部に実がつく訳じゃないですし同じ所に有る花芽は数を少し減らしても良いと思いますし
時間の経過と共に草勢が落ちて来たり病気が発生してくると実が充実し難くなるので
後から出来て来る花芽はある程度落とした方が良いように思います。

529tenntoumusi

アブラムシはほんとう厄介な虫ですが天敵のテントウムシが居ると楽になるのですがね。
なかなか丁度良い時季に来てくれないものですよ、写真は5月末のテントウムシのさなぎです。
なんとか早く来てくれるように今年は秋のうちに燕麦をまいてはやくアブラムシを寄せ
それを狙うテントウムシを呼び寄せるというやり方をしてみようと思っています。
なんでも麦につくアブラムシは豆にはつかないということなのでこういう方法もあるとか。
ちなみに今年は春に燕麦を蒔いたのですでに時遅しでした。

4月に入ってからは液肥を週一位のペースで追肥。
あまり多肥にするとアブラムシの増殖が激しいので葉もの野菜にやるような希釈で施肥しました。
追肥の判断は難しいですね。プランターだと液肥は雨降れば流れてでてしまうよ、って話しもあるし。
肥料やらないほうが美味しい野菜になる、って説もあるし悩ましいことです。

4月24日に初収穫、多分早く咲いたやつだろうなぁ、でもこれは5莢だけで本格的な収穫は4月30日からでした。
4月26日、莢が出来て収穫開始でくそうなころまたヨトウムシの気配があったのでサブリナフロアブルを散布。
アブラムシ対策は黄色の粘着シートを吊るしたり手で潰してました。
新芽がないと見つけやすいですし。やはり新芽の摘み取りは必須です。
アブラムシ自体はそう酷い被害をもたらすものではありませんがウイルス病を持って来るので
あれにやられると収穫が激減するとかですからね。

419mamonaku

424syuukaku


511syuukaku

本格的な収穫は4月30日から5月13日にかけて9回。
収穫は全部で294莢、一株あたり24.5莢、もっととれるようにしたいですね。

58tatigare


57sioreru


5月の10日過ぎから株が萎れるような調子になり立ち枯れ病というやつみたいでした。
13日以降も莢は出来てましたがどんどん萎れてしまい1莢収穫できただけでした。
立ち枯れ病にならないようにするには良い苗を作ることが大事みたいだし
終了して土の手入れをしたら根がパンパンに張ってたのでプランターの容積を増やしてみようと思っています。
15Lのポリバケツに穴を開けて使う予定。プランターよりポリバケツのほうが安いですし。
種蒔きの培土はパーライトとバーミュキライトを沢山混ぜた土を使ってみようと思っています。

さて来春の収穫を愉しみにして頑張りますよ、この秋冬も。
なんといっても採りたての若採りソラマメの美味しさは半年間手を掛ける価値は充分にあると思っています。
ソラマメは発芽が難しいので苗からやる方が良いのかもですね。
色々細かい作業はしてますがしなくても出来なくはないものも多くポイントは植え付けの時季を守る事と
アブラムシ対策をしっかりやればあの美味しいソラマメを手にする事はできるだろうと思います。
皆さんも是非挑戦してあの美味しいソラマメを食してみては如何でしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/15/2014

2013-14年ソラマメのプランター栽培まとめ その1

そろそろソラマメの種蒔きの時季になってきました。
2013年秋から2014年春にソラマメのプランター栽培をまとめておきましょう。
少々長いので2回に分けて記事にしますね。

1013taito


使った種は一昨年の残りのもので泰斗という早生の長莢で中粒系のものです。
一寸系の大粒が流行でしょうけど収穫まで時間が掛かるから早くできるほうがトラブルの回避ができていいと思っています。

1014tanemaki

一昨年はじめて挑戦したソラマメ栽培では発芽に失敗して良い苗ができなかったので
今年は水のやり過ぎに注意する事と早めに蒔いて発芽しやすくする事にしました。
10月13日に種蒔き培土に黒土を混ぜた用土で15ポットに蒔きました。
黒土を混ぜた理由は豆類は種に栄養が多く発芽時には苗の段階で土に養分が多いと徒長しやすくなるのではないかと言う事と
ある程度重めの土の方が種を覆う皮が取れやすくなるのではないかということでそうしてみました。
播種して少したったら白い黴が生えたのがあったので腐敗防止にオーソサイドを掛けてやりました。
前年よりは良かったですがまだ良くないですね。多分水分が多いのでしょう。
枝豆でも水分が多すぎると駄目になるので今年こそ良い苗を作りたいものです。

1025hatuga

1025uetuke


定植は10月25日から11月4日に25Lプランターに二株づつで合計6台。
アドマイヤー1粒剤を植え穴に散布しました。
アブラムシ対策なんですがこんな早くから必要?ってもの苗のうちに病害虫にやられると影響が大きいですからね。
それに新芽の中で冬の寒さを凌いで暖かくなったら一気に増殖、なんてこともあり得るでしょうし。
早い段階での使用なら実に浸透するようなこともないでしょうし。

1117tekisinn

本葉4段目が開いた時に一度目の摘芯しました。これは分枝させ収量を増やすためです。
分枝しやすい品種みたいなので摘芯しなくてもいいのかな?とも思うのですが
春に分枝してくるのは細い枝になるのであまり期待できないので
冬のうちに分枝させ太い枝を増やすほうが良いように思っています。

1229tekisinn


1229tekisinngo

12月の末に二度目の摘芯をしました。
これは一度目の摘芯をして本葉4段残した主枝を切り取ります。
この主枝は分枝を成長させるために葉を残してありましたが充分分枝したら
もう無くてもいい枝になりますから寒さを受ける量を減らす意味で切ってしまいます。
117extutou

あまり大株にすると寒さにやられやすくなるようですからね。
こんな感じで越冬させました。

ブログの記事を書きながらこんなことしてたっけ?なんて事もかなりありました。
写真と簡単なメモだけでは?事もありました。なんでこんなことしてんだろう?とか。
今、蒔き時を迎えて振り返れて良かったですわ。
続きはまた後日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/28/2013

2013年春ソラマメ栽培の経過まとめ

以前の記事で10月21日、25日、29日、11月2日に播種したことは書いてありますが
追加して11月13日にも追加播種しました。
あまりにも苗の状態が病気だらけなのでポット蒔きにして暖かい室内で芽吹かせました。

ソラマメは寒さに当てなければ花芽分化が起きないので冬越しの栽培になるのですが
あまりにも寒いのもどうかと思い不織布のベタ掛けで霜が直接当たらないようにもしました。
118soramamefusyokufu


花は蒔いた順に咲くのではなく成長が順調なものから咲いて来て
10/21蒔きは3/24、10/25蒔きは3/16、10/29蒔きは記録漏れにて不明、11/2蒔きは3/28、11/13蒔きは3/28に開花が始まりました。
316soramamekaika


ソラマメは自家受粉するので虫の力は借りなくとも良いとは聞いていましたが
受粉はし辛いらしく花を下からつまんでやると強制的に受粉させるほうがいいとか。
最初ころ随分花が長く咲いてるんだな、と思ったのは受粉してないから花が長持ちしたのかも知れません。

収穫を始めたのは10/21と10/25蒔き分は5/4、10/29と11/13蒔きは5/20、11/2蒔きが5/9で
適宜収穫をしつつ一部を種取り用に残して収穫を終了しました。
428soramamesaya


予備知識でアブラムシが相当くるというのは知ってましたが想像以上でした。
1mm目あいの防虫ネットを掛けていても全ての株にアブラムシは付きました。
54soramameaburamusi

414soramamenet

防虫ネットもある程度防いではいるのですが完璧ではないですね。
アブラムシが付いてしまっては良くないのは判っているのでマラソン乳剤を使って駆除しましたが
これも完璧ではなく全滅には至らず増殖のスピードが遅くなる程度でした。
マラソン乳剤を使うと1週間は収穫できないので豆が出来過ぎになってしまうので
収穫3日前まで使えるスミチオン乳剤の方が良さそうです。
根から吸わせて使うアドマイヤー1粒剤などは播種時や植付け時のに使う設定なので収穫時期には使えない模様。
いくらなんでも半年以上も薬が効く訳も無いでしょうからアブラムシ対策は頭が痛いです。
同時に育ててた杓子菜にもアブラムシが付いてしまいソラマメはアブラムシを誘因する効果が抜群のようです。
アブラムシに付かれてしまうと莢がウイルス感染して黒くなって落ちてしまうのですよね。
せっかく出来た莢がどんどん黒くなり落ちて行くのをみるのは残念でなりませんでした。

428soramamehana

花は最初の開花から長い期間咲いていました。
実際、花は収穫を諦めた頃にも花芽はできていて種採り用に残したものに適用外農薬のオルトラン粒剤を施したところ
アブラムシは居なくなり葉の勢いも戻りまた花を咲かせていました。
暑さには弱いそうなので暑くなると厳しいのでしょうがアブラムシ対策がうまく行けばもっと収穫できるのでは?と思います。
ちなみに根にもアブラムシが付いていました、驚きです。
下の写真の小さな緑色のが根についたアブラムシです。
525soramameaburamusi

でも、あの柔らかくて甘ーいソラマメを味わったら忘れられません。
栽培期間も長くアブラムシ対策に苦労をしても市販品ではあまり見かけない極若採りしたソラマメは格別です。
今度は種蒔きをもう少し10月の上旬くらいにして早く芽吹かせようと思っています。
寒いと発芽が遅くなり種が腐ってくるので良い苗が出来ないように思います。
あとはアブラムシ対策をしっかり考えねばなりませんなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/03/2013

ソラマメ追肥

11soramametuihi

植え付け時に置き肥をしておいただけのソラマメに追肥をしました。
豆類は肥料は少なくするというのがセオリーですが
あまりにも少ないと成長し辛くなるでしょうから定期的に肥料を与えるほうが良いと思います。
特に根粒細菌が増えるまではチッソの固定量は多くの無いのですからある程度根を張るまでは必要なのかもと思います。
栽培期間も長いし土の量が限られるプランターでは肥料切れになってしまう事もあるとか。
暫くは発酵油粕を使い大きくなってきたら窒素分は少ない肥料に切り替えるつもりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/13/2012

ソラマメ移植

1113soramameisyoku


ソラマメの本葉が開いてきた奴をプランターに移植しました。
10月21日と25日に蒔いた7つのポットのうち2つです。
手前の方が21日に蒔いてどうにか本葉が開き始めてきただけのやつなんですが
もう3週間も過ぎてしまい根がポットの中で窮屈になってしまい根腐れの元になるかもしれないから、と考え少し早いけど移植しました。

実際21日に蒔いた方の苗はポットの底に根が結構びっしりありこれ以上ポットで育てるのはどうかと思う状態でした。
ならば寒さのリスクはあるもののプランターで根を張らせたほうが早く成長できるだろうと考えました。

大きくなるまでの寒さ対策としてペットボトルを切って風よけにしてみました。
さて、ちゃんと育つでしょうかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ソラマメ追加播種

1113soramameme


ソラマメの発芽が芳しくなく芽が出ても腐ってきてしまいます。
10月21日と25日に蒔いたものにその傾向が強いですね。
おそらく過湿状態になってしまったのだろうと思います。
芽が出ずぷにぷにになってしまった種もいくつかありました。

なので遅くなってしまったのでどうなるか分りませんが本日ポット4つに種蒔きをしておきました。
たぶんこの状態では良い苗にはならなさそうなのでね。
このままポットに入れてても今度は根が腐りそうですし。
せめて本葉が開かないとね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/10/2012

ソラマメ発芽

1110somamameme

ソラマメがぼちぼち発芽してきてます。
10月21日、25日、29日、11月2日と4回に分けてポット蒔きしました。
なかなか発芽してこなくて写真のは一番大きくなったやつです。
中には芽が黒くなって枯れたのもあってそれは切ってしまいました。
どうにか育ってくれるといいのですがね。
もう最初のやつだと20日経つというのにまだ芽でしかなくちょと心配です。
最初ころ水のやり過ぎを警戒してスプレーで吹きかける程度にしてたのですがこれが良くなかったのかな?
21日に蒔いたものより25日に蒔いたもののほうが生育がいいのですよ。

夜は温度が低くなるので室内に取り込んでますが
晴れた日は日光に当てて温度が高くなるようにしてます。
土は種蒔き用培土を使ったのでたぶん問題ないと思うのですが。
まぁ様子見るより他ないですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/21/2012

ソラマメ土準備と種蒔き

ソラマメ用の土の準備をしました。
1021soratuti
この夏から初秋にアブラナ系野菜と紫蘇の栽培してきた土を手入れした物を混ぜ合わせプランターに投入。
堆肥も少し追加したので10日程置いておきたいですね。

Img_2247
で、ソラマメをポットに播種。ポット1つに2つ蒔き。
ポット1つあたり間引いて1本にしようと思ってます。

さて、どうなるやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/13/2012

ソラマメのプランター栽培計画

この秋蒔きのメインとなるソラマメ播種を計画中。
もう少ししたら蒔き時になります。
20日過ぎ位からを想定してます。

まず、蒔く場所の検討です。
Taito

種を確認したら52粒ありました。
全量蒔くと2粒づつポットに蒔いたら26株になります。

現在所有の深めのプランターは28リッターのが6つと48リッターが1つ。
プランターの容積から考えると28リッターのなら2株、48リッターで3株くらいが良さそう。
とすると15株分しかプランターがなく買い足さねばなりません。
48リッターを3つと28リッターを1つ、ですか。
流石に置き場がないですよ。

となると密植しますか。
面積は28リッターのは1334㎠、48リッターのが2275㎠、総面積10279㎠です。
一株あたり395㎠なのでどう分けるか。
28リッターのは3株3台と4株3台、48リッターのには5株とかか。
でも、総面積が1万㎠って1㎡だよね、たった1m四方に26株は大丈夫なのか?とも思う。
NHK出版のプランター栽培のすべて(木村正典著)では30cm円のプランターに4株とか書いてあったから
出来なくはないのだろうけど不安ではありますね。

なら種を半量使うようにして13株にすれば?
ソラマメの種は2~3年は保存できそうなので無理しない方がいいかな。
これだと28リッターのに2株を5台、48リッターで3株を1台これでOK。
うん、そうしよう。

気温が下がって最高気温が20℃位になったらポットに種蒔き用培土で蒔きましょう。
プランター6台だから6回に分けて一日おき蒔きくらいでやってみますかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)